2017年07月21日

ルート66を走る 16日目


キングマンからオートマンへの峠




7月20日
キングマン→オートマン→ラッドロウ→バグダッド→ラッドロウ 305km



最初は風景が素晴らしく 止まっては写真を撮りの繰り返しで時間がかかり、途中から山登りになって ガードレールもない崖の道でタイトで360度回るような狭いカーブがいくつかあり、冷や汗かきながらの走行で 
それぞれ楽しみながらオートマンへ着きました。


平原の郵便受け





オートマンの街は100メートルのぐらいの道路の両側にルート66関連のお土産屋やホテル、カフェなどがならんでいるメインストリートだけの街  ドンキーが放し飼いでぶらぶらしていた







これはわたしか?



棺桶まで・・・




この旅であわよくば行ってみたいと思っていた所がバグダットカフェ
大好きな映画の舞台になったところだ
ルート66沿いにあるはず と探してみたら確かにバグダッドの地名が地図にある

ルート66を走っていたら 通行止め どうしようと考えていたら 通りがかったおじさんが冷たい水をくれた
コール、コールというので 砂漠の真ん中で何かあったときのために電話は持っているか?と聞いているかと重い 
だいじょうぶ!といったら 降りてきてクーラーボックスから冷たい水を取り出してくれた
クールな水をあげようか?と言っていたらしい
ありがたかった





ならばインターステート40で先に回り、逆にルート66を走って行こうとラッドロウからルート66に入り、バグダットを目指した

この時点で3時半 バグダッドまで20マイル およそ32キロ いつもにも勝るアリゾナの熱風
持つかな?と思いながら出発する

しかし 地図にはあるがバグダッドの街は消えていた その先の街まで行ってみたが、ガスステーションのおじさんが
もうない!と言った

仕方がないので戻り ガソリンを入れておこうとガスステーションによったら 目の前にモーテルがある
熱いので早くシャワーをアビたいと最初のモーテルに決めていた

ガスステーションがこのモーテルも管理している

ガスステーションのコンビニのお兄さんに
バグダッドカフェは消えているね といったら

ちがう!バグダッドカフェはもっと先のニューベリーにある!と教えてくれた

フレンドリーなケイジとエリカ
サインはコワモテのマネージャーもしてくれた


あすは一番にバグダッドカフェを探しに行く!




  


Posted by ごまもん at 14:21Comments(1)ルート66を走る

2017年07月20日

ルート66を走る 15日目

15日目 ウィリアムズ→セルグマン→キングマン 115M 184K




ウィリアムズの朝のガソリンスタンド ルート66のロゴがそこら中に



I40を少し走りあとはずっとルート66を走った

ルート66を走っていると何か甘いもので包まれたような感じがする
インターステートと同じようなまっすぐな道・同じようなスピードなのに 周りの風景に包まれる


セリグマンに入った
入り口にルート66の大きな看板が立っている
オールドなご夫婦が写真をとっっていたのでわたしもバイクを止めた

アイルランドから来たご夫婦 本当にルート66は世界中の人を引きつけるのだなー


街の中はルート66一色 至る所に看板やロゴがあふれていた
道路の傾斜でバイクが止めにくく 写真を撮ることはかなわず残念!

ガスステーションがぽつんとあった
横の納屋には大きなルート66のロゴと朽ちかけたバイク ヤマハだった






またしばらく走ると いかにもという感じの古いものを集めたような建物がぽつんと
人は大勢いる
ここもルート66ファンの間では有名なポイントだそうだ
写真を何枚か撮って先へ行く



キングマンへ近づくと前方に大きな雨雲があり、豪雨が降っているのが見える
今回もモーテルにはいると降り出し 昼寝している間に晴れていた

キングマンもルート66で有名な街 アリゾナ州のルート66ミュージアムがある
わたしが行ったときには残念ながら閉まっていたが
街の中にはここにもルート66のロゴがあちこちにある











あすもルート66を走る


  


Posted by ごまもん at 13:11Comments(0)ルート66を走る

2017年07月19日

ルート66を走る 14日目

7月18日





フラッグスタッフ→グランドキャニオン→ウィリアムズ  138マイル  221k



グランドキャニオンは想像以上の凄さ!

モニュメントバレーやセドナも自然の造形美ではうなるものがあったが、グランドキャニオンのスケール、美しさ、複雑さはそれらを上回るものがある
崖の上から見おろすと、高所恐怖症のわたしは お尻がむずむずしてくる
だがその美しさには胸を打たれる









グランドキャニオンからはウィリアムズへまっしぐら
後ろからは雨雲に追いかけられ、前方の雨雲はじりじりと去っていく
モーテルに入り、荷物を運び込む時に降り出した。
このツーリング まだ雨に濡れていない


ウィリアムズはグランドキャニオンへの発着の街として賑わっている
また、メインストリートは ルート66が全盛期の頃のネオンや街並みが残っていることで知られている
雨があがるのを待って、散策に出かけた








このエルビスさんは、ルート66紹介の本に必ず出てくる超有名人


窓からなにかが覗いている



通りのいたる所にルート66のロゴが目につく





隣の部屋に泊まっているマイクとステファニー
夫婦でそれぞれハーレー乗りだ



ヘルメットにサインをもらった




これでモニュメント巡りは終わった
明日から またルート66をたどってゆく









  


Posted by ごまもん at 16:18Comments(2)ルート66を走る

2017年07月18日

ルート66を走13日目






13日目 フラッグスタッフ→セドナ→フラッグスタッフ 149k


フラッグスタッフから日帰りでセドナへ

行きは89号線で  一般的なセドナへのアクセス道路だと言われているが
、谷間をぬって走るとてもタイトで急なカーブが続くとても走りにくい道で おまけに延々と工事中のダート 片側通行

二度と走りたくない満田で、帰りは79号線とインターステート17号線を使った

セドナもモニュメントバレーと同じ インディアンの聖地でスピリチュアルな気の高いところとして世界中から人が訪れているところだ

砂漠の平原に屹立する赤い岩のモニュメントバレー

緑の森の谷間から屹立する赤い岩のセドナ

どちらも岩のモニュメントがたくさんある聖地だ

わたしには気の世界はわからないが、自然の作る雄大さには打たれる









  


Posted by ごまもん at 12:22Comments(0)ルート66を走る

2017年07月17日

ルートで66を走る 12日目

きょうは初めての休憩日
モーテルからゲストハウスへ来ていらい バイクも一日休んでいる
 
楽しい一日だったから 皆さんにもわたしのプライベートな出来事につきあってもらおう

ゲストハウスのチェックインは13時
わたしはセントラル時間で動いているから、フラッグスタッフの時間とは2時間のずれがある
わたしの12時はこちらの10時 お腹も早く空く

ランチのお店を捜すのに一苦労だ

一軒だけ並んで待っているお店があったので わたしも並んでみた

テーブルに案内されてオーダーを聞かれたので
小声でウエイトレスと相談 隣のテーブルの家族連れと同じものをおねがいした。

しばらくすると、隣の女性が おいしいですか?私たちと同じもので と話しかけてきた
小声の相談が聞こえたみたいだ
 
そこから話が弾み わたしが人生で最大の夢 ルート66でシカゴからロサンゼルスまでオートバイで走っていること

彼女たちはラスベガスでメイキング チャイルドしたことなどを話して友達になった

先にその家族はかえったが しばらくしてウエイトレス
メモを持って来て 私の支払いはその家族がしたと伝えてきた
いままでやったことはあってもしてもらったことのないことだったので ウルッとなった








それからチェックインして昼寝をし シャワーを浴びて散歩にでると 歌声が聞こえてきた

ガーデンパブで女性がボーカルでギター
男性ふたりがベースとパーカッション いずれもわたしに近い年代でうまい
ビールを飲みながら 心地よい宵を過ごした
わたしの好きなボニーレイットを思わせる歌声






いったんゲストハウスに帰り マネージャーに
「わたしはずっとひとりで旅をしてきた 今夜は人恋しいので 楽しく飲めるお店を教えてくれ」
と教えてもらったお店で友だちになったのが 若いカップル ガイとジェリー オールドカップルのスージーとスティーブ トトロというカクテルを 散歩を口ずさみながら作ってくれたバーテンダーのパチェリ







帰りによったタイ料理のお店で友だちになった[




久しぶりの酒場放浪記

楽しい夜だった






  


Posted by ごまもん at 14:59Comments(3)ルート66を走る

2017年07月16日

ルート66を走る 10・11日目




7月14日 10日目 グランツ→キャヤンタ 365k

いよいよモニュメントバレーへ

アメリカへ行くなら必ずモニュメントバレーへは行こうと思っていた
西部劇の原点 先住民の聖地

ギャラップからルート66を離れ 州道を北へと向かう
最初は見渡す限り低木のブッシュが広がる中のまっすぐな道  どこまでも延びている
気持ちよく一本道を走って行く

だが、アリゾナの北部へと入り キャヤンタへ近づくにつれて植物はなくなり 白っぽい土だけの世界になってゆく
そして半端なく熱くなってゆく

わたしはだいたい60マイル前後で走り 後続車に追いつかれたらよりスピードを落として追い抜かせるようにしている

わたしが60マイルで走っていると 追いついてきた車が追い抜かずについてくる それもハザードランプをつけて

変だなー?と思っていたら 信号で横に並び 体格のいい女性が
「アーユーオーケー?」と聞いてくる
わかった!わたしを心配してハザードランプで後続車に注意を促していたんだ
90キロで走っていたのに・・・

「アイムオールダー スロリー サンキュー!」
というと にやっと笑って
オッケー と親指を立てて走り去っていった

120キロほどで流れに乗らないと かえって危ないとわかってはいるのだが 下手くそなわたしにはその走行はできないのだ


土色の世界


キャヤンタへ着いたのが5時過ぎ
まだ時間があるのでモニュメントバレーへ行ってみる
すぐそこだと思ったら20マイルあるという

着いてみたら観光客がいっぱい!
多数ある赤い岩も見応えあるものだった








7月115日 11日目 キャヤンタ→フラッグスタッフ 254k


きょうはフラッグスタッフまで走り、ついたら休養をとるだけ と思っていたら暑いこと!

これまでも暑かった
小便もでない
空気が乾いているので汗も感じないが 相当汗をかいているのだろう

ガソリンスタンドがあるたびにコンビニで水やコーラーをがぶ飲みし塩をなめる

苦行だなーと苦笑いしながら走る

追い抜いてゆく車に クーラーが効いてて涼しいだろうなー とは思うが、うらやましいとは思わない
熱い風を顔に受け、鼻の奥が焼けそうになり、意識がもうろうとなりそうでも そんな経験が楽しめるバイクがいい!

などと思いながらフラッグスタッフまで走ってきた

途中のガソリンスタンドで合ったデニスとダン
最初は怖そうだったが、話しかけると とてもフレンドリーだった
グランドキャニオンからモニュメントバレーへ行くところだという





 
こんなカップルでツーリングしているのをよく見かける

タンデムでツーリングしているのも

うらやましくも思うが 一人がいいとも

  


Posted by ごまもん at 15:02Comments(3)ルート66を走る

2017年07月14日

ルート66を走る 9日目

サンタフェからグランツヘ


昨夜が遅かったせいか、疲れが溜まっていたのか、朝から忘れ物はするし、ボーッとしているのが自分でもわかる

午後になるとねむけもましてきた これはやばいと 早めにモーテルにチェックインした。

仮眠をしたら スッキリと目が覚めた。


きょうはただはしっただけ

ルート66にはまただまされた
きれいな道を走っていったらまた行き止まり
引き返した。

あすはモニュメントバレーへ行ってくる
今回の目玉のひとつだ





  


Posted by ごまもん at 13:55Comments(2)ルート66を走る

2017年07月13日

ルート66を走る 8日目







サンタフェへ

この旅で最も楽しみにしていたターコイズトライアル
アルバカーキの手前から州道14号でサンタフェを目ざす

途中に ワイルド ホックスというダイナーがあった どこかで見たような・・・と思ったら、ジョン・トラボルタ主演の[団塊ボーイズ]という映画で使われたところだ


サンタフェに着いたら さっそくプラザへ行ってみる

いろいろなショップに囲まれた正方形の公園だ
ちょうどお昼時だったので屋台のホットドッグでランチにする








プラザではたくさんの人が思い思いにくつろいでいて ほのぼのとした雰囲気だ
公園の様子


歌を歌っている人もいて 上手なのでお金をあげる人がたくさんいた。



屋根付きの歩道ではインディアンがターコイズのお店を出しており、おおさの人で賑わっている


サンタフェ街道の終点はプラザを通り越したところにある聖フランシスコ大聖堂だ
とても大きく 中も広々としており ステンドガラスがとてもきれいな教会だ







ハワイから来ているマイクさんと友だちになった
彼女さんは日本人だと嬉しそうに言う
彼にもサインをしてもらった

きょうはは夕方まで公園でのんびり過ごし、歌を聴いたり、座ったり寝転がったりしている人たちを眺めたりしてのんびり過ごした。







  


Posted by ごまもん at 16:02Comments(0)ルート66を走る

2017年07月12日

ルート66を走る 7日目





ミッドポイントカフェ

アマリロを出て I-40をしばらく走り、横を走っている下道に降りてみた
ルート66の標識は立っていないが、紛れもなくこれはルート66だと確信しながら走る
それだけ走っていて気持ちがいい

道路の脇には牧場が広がっていて 馬が仲良く立っている



なにも知らないで入ってきたエイドリアンの街

そのまま走っていくと 壁にルート66のマークをいっぱいつけたカフェが現れた
面白そうだからなにか飲んでいこうとバイクを止めたら すぐあとに入ってきた車の方に写真を撮ってくれと頼まれた。

道路の向かいで撮ると言うので ついていったら
なんと運のいいわたし!

そこはシカゴとサンタモニカの中間点
どちらからも1139マイルだというミッドポイントだった
そしてカフェの名前はミッドポイントカフェ




奥にはルート66関連のものをたくさん並べてあるギフトショップも併設されている

カフェの様子




先ほどの家族は自分たちはフレンチだと言った。快く家族全員でヘルメットにサインをしてくれた

カフェを出て 気持ちのいい道をはしっていくと
いきなり


行き止まりだ

こんなふうに行き止まりが結構ある
これを面倒くさがらずに走るのがルート66の走り方だなと なっとくしながらI-40に戻る

ニューメキシコ州に入ると 赤い岩肌が目についてくる
午後の日射しはとにかく熱い!
鼻の奥が焼けたような感じがする

地平線までまっすぐ伸びた道路を走りたい!というのが旅の目的のひとつだったが ニューメキシコ州で叶えられた

それも波打って続いており、丘を登り切るとまた同じように地平線まで続いている
いや堪能した!

(写真は一眼レフで撮っている スマホに移動できないので 日本へ帰ってからアップする)


  


Posted by ごまもん at 12:40Comments(4)ルート66を走る

2017年07月11日

ルート66を走る 6日目

行ってきました。テキサンヘ

ルート66の旅行記には必ず出てくるアマリロのステーキ屋 ビッグテキサンへ

モーテルまで迎えにきます。
たまたま迎えの車に同乗したのが もと判事ともと精神科医のご夫婦 ジョディとウーァ



ウーぁはハーレーとヤマハのオフ車360ccをもっている
バイク談議からロックやブルーグラスなどの音楽談議まで 楽しい夜を過ごした。

このお店のウリは72オンスのビフテキを1時間で完食すればただになるというもの
もちろん食べきれなければ料金をはらう

今夜は二人の男性が挑戦していたが しばらくすると持ち帰り用のパックが渡されていた



テーブルを回ってカントリー娘。ソングを演奏するサービスもあって 楽しく宵を過ごした



そうそう かんじんのステーキはこれ



250ドルだから安いもんだ
  


Posted by ごまもん at 13:10Comments(4)ルート66を走る

2017年07月10日

ルート66を走る 5日目 






6時頃 夜が明ける
けさはしらむのを待って出発した

きょうこそはルート66の古い道をじっくり走ろうと 意気込んで

I-44から降りて しばらくは標識に沿って走っているのだが すぐに道を見失ってとんでもない方向へ走っている
うっかりすると 広いアメリカで迷子になってしまう

朝一番のルート66もそうだった
標識に沿って走っていたのに いつの間にか村はずれ
途中の広い道にでたので走り始めたがどうもおかしい
ガソリンステーションにハーレーが2台止まっていたので聞くことにした
すると全くの方向違い

教えられた通りに行くが I-44に戻ってしまった
インターステートから降りて ルート11の標識に沿って走り 道を見失ってまたインターステートに帰る
この繰り返しだ

日本でルート66の地図を手に入れて 調べてきても完全に走りきるのは無理だろう
ツアーに参加してガイド付きでないとストレスがたまるばかりだ

朝一番に道を尋ねたバイカー
ロジャーとベッキー 写真を撮る時にロジャーはどこかへ行ってしまった
ベッキー


道に迷って走る 牧場の中の道もとても気持ちのいいものだったが・・(最初の写真)


なにか疲れてしまい 早々とチェックインした
モーテルは三度目のハッピー8
きれいでフリーWi-Fiで5600円 昨日の薄汚いモーテルより安い

フロントの怖そうなおばあさんと友だちになった
ヘルメットにサインもしてくれたが 読めない
見かけによらず 親切ながらおばあちゃんだった

きょうははやばやとシャワーを浴び クーラーの効いた部屋でくつろいでいる

食事がほとんど肉とパンなので コンビニで見つけた生野菜とビールが夕食だ


明日こそ古い道を走れますように




  


Posted by ごまもん at 07:52Comments(2)ルート66を走る

2017年07月09日

ルート66を走る 4日目 2017.7.8

SullivanからStoroud(ストラウド)691km(googl)

きょうは一日中インターステートの上
西部でゆっくり楽しもうと ひたすら距離を稼いだ  
あすオクラホマシティーを超えたら のんびりとルート66を楽しんで走る

走ったのは高速だけだが いろいろあった
一番強烈な出来事は 前を走っていた大きなトラックのタイヤがバーストしたこと

インターステートでは時速100km前後で右端を走る
たいていトラックが前にいるので 車間距離を長めにとって トラックのペースに合わせて走っている
バーストしたときは 何か変だなーと思ったが とっさには止まることもできず 夢中で横をすり抜けた
大きな破片を踏まずに前に出れたのはとても運が良かったことと思う
インターステートでのタイヤバーストはよくあることらしく 半分にちぎれたような破片が路肩によく落ちている そんなものに乗り上げたら 今ごろあちらの世界に行っていたところだ

じつはわたしは奄美大島の生まれ育ち 
奄美に伝わるシャーマニズムを信じている
何度もふしぎなことを体験もしている

この直前に いつも持ち歩いている清めの塩を きょうは使ってないのを思い出し、インターステートを一旦降りて バイクと自分を清めた
直後のことだった
もちろんわたしのことを案じている友人や家族のおかげだとも感謝している

何事もなくて本当によかった!


もうひとつは ようやくお肉が食べられる地域に入ってきたこと
ガソリンはだいたい2時間おきに入れている
それに併せてランチにしているが ほとんどガソリンステーションに併設されているコンビニでハンバーガーとコーラなどですませていた

高速の出口にはガソリンステーションがあるとか、どんな食べ物屋があるとか看板が出ている
スプリングフィールドでガソリンの補給をしようとしたら[バッファローBBQ]の看板が目につき 嬉しくなった

それがこれ




今回の旅の楽しみはお肉!も大きいのです!


そして最後
きょうは約8時間 高速を走っていたので、最初に目についたモーテルに泊まるかにしたが、古くて暗くて高くて・・・しまったなーと思っていたところに、ハーレーの音が

ハーレーのトライク(三輪車)に乗った美人の二人づれ




はやばや友だちになった

デイトナからきた バス釣りを楽しみながらと

陽気な二人連れだった








  


Posted by ごまもん at 10:23Comments(4)ルート66を走る

2017年07月08日

ルート66を走る 3日目 

LincolnからSullvan 368km

Old American Villageは十分堪能したので きょうは距離を稼ごうかなと8時頃にインターステート55号に乗り セントルイスで44号に乗り替えて走った。
55号も44号もルート66に沿って走っている高速だ

インターステートを走っていると 横のオールドロード ルート66を自転車やオートバイ もちろん車も走っている

セントルイスを越えたところで ガソリン補給の為にインターステートを降りた
ガスステーション(こちらではこうよぶ)で給油後 ランチのカツバーガーを食べながら地図を見ていると 地元の方が話しかけてきて もう少し行くとルート66ミュージアムがあるからぜひ寄っていけと言われた

ずっと高速を走ってきたので きょうは変わったことがない  行ってみました。

まず親切な女性が案内してくれたのは世界地図の前 たくさんのピンが刺さっている


これは今年 ここを訪れた人が刺したもの
わたしは日本人で4人目 九州では初めてだった

ルート66仕様のオートバイも陳列してあった。
わたしがジャパニーズだと言うと カモンと連れていった
なんと!ヤマハだ!
1988年製だとか  わたしのサベージと同じ年だ
Vツイン 250cc クルーザーではない
わたしは初めて見る 




グッズもたくさん 意外と家族連れやカップルなど 訪れるアメリカ人も多い




わたしのためのお土産に帽子と地図を買ってミュージアムをあとにした


その後 いつの間にか道路表示のがEastになっていて 20kも逆に走っていた 西を目指しているのに

4時にはモーテルに入り ビールとハンバーガーでくつろいでいる

ここはビールもでかい!







  


Posted by ごまもん at 08:38Comments(2)ルート66を走る

2017年07月07日

ルート66を走る 2日目 

WilmingtmnからLincolnまで 180K

朝早くスタートするつもりが、アメリカに来て依頼の疲れがでたのか9時のスタートになった

ルート66の走り方もなんとなくわかってきた

古いハイウェイ 今は53号線だが を走りながら途中にある村や街を訪ねて 古き良きアメリカを感じていく旅だ

そうして立ち寄った街のひとつ Chenoa チェノアで老夫婦に出会った

犬と散歩をしていたおじいさん(わたしもおじいさんだが 今は若返っている(笑)



何気ない挨拶から話が弾んだ
おばあさんも出てきて 水はいらないか?
ほしいというと2本か3本か?と聞く

おじいさんは 食事はいらんかと聞いてくれる
お水2本をいただき食事は遠慮したが ありがたかった 



わたしが日本人だとわかると ようこさんという方に電話をして わたしに話せと電話を渡された

わたしが 静かでいいところですね と言うと 寂しいところですよと 本当に寂しそうな声でおっしゃった
その声が心に残っている  

おじいさんに教えてもらった当時の古いガスステーション




昼食はガソリンスタンドのコンビニでカツサンド 本当にパンにカツフライを挟んだだけのもの
でも揚げたてでおいしかった!
ついでにビーフジャーキーとキットカットが目についたので これも購入






暑くて、疲れていたので なにげなく入った街のベンチに座っていると
カフェからソフトクリームを持った男性が出てきたので、わたしも購入
ベンチに座って食べていたら目の前の大きな建物が気になった  街の中心のような存在感がある
建物の周りには山高帽をかぶった銅像も何体か立っている
街の名前はLincoln やはりリンカーンだ!
彼が大統領になるまで暮らした街で 街のいたるところに彼の名前がついている







なにか嬉しくなり 今夜はこの街に泊まっている


道路はこんな風に一直線






  


Posted by ごまもん at 11:25Comments(3)ルート66を走る

2017年07月06日

ルート66を走る 1日目 

1日目 CiicagoからWilmington(ウィルミントン)まで





まずはここから  ルート66の始まり地点

シカゴ美術館の入り口の交差点で交通量のとても多いところ
バイクといっしょの写真なんてとても撮れない
前もって撮っておく

さて 旅のお供はこれ  ハーレーヘリテイジ
きれいな青のバイクだ




今回お世話になったのはEagl riderさん
ニコニコして親切な店長さんだ
ちなみに ここは私の旅をフォローしてくれているバンザイツアーの小澤さんのセッティングです。

またがってみた
心配してた足は かかとまでピタリ!とはいかないが、かろうじて許容範囲
これで旅に出れる  ホッとした

ハンドルの位置が遠かったので 直してもらって出発
ここ数年 サベージばかり乗っているハーレーは久しぶりだ

大通りへ出るときにさっそくやらかした
勘違いして二車線の右側に入って逆送してしまった
幸い ドライバーたちがびっくりしてよけてくれたので良かったが・・・

ハイウェイ45号をひたすら南下 ルート55線に乗り Jolietで
ハイウェイ53号に移り  ここからルート66の古いみちをたどり始める




いつの間にか最初のモニュメント ジェミニジャイアントを見つけた



その近くのモーテルに宿を取る モーテルデビューだ
そばの川に釣りに来ていた地元の人たちとビールを飲みながら楽しい宵を過ごした

大きなキャットフィッシュが釣れるそうだ
写真を見せてもらうと 大ナマズ

みなもを染める夕焼けを眺めながら過ごす夕暮れは アメリカにきたんだとの思いを感じさせる

















  


Posted by ごまもん at 14:19Comments(0)

2017年06月29日

サベージ購入はついに諦めた!




画像は本文と関係ありません、一週間ぶりのライスです


サベージのショップのボスは失礼な人ですよね
はるばるシカゴからグレイハウンドに乗って来た客に、クレジットカードが信用ならないからキャッシュを持って出直して来いなんて・・・

でもこれがわたしには幸いした。
私を応援してくれてるアドバイザーの方が
すぐ出すと言ったタイトル(登録証)もそのまま乗り出せると言ったナンバープレートも仮のもので、何かあったりすると、面倒なことになりかねないと教えてくれた
また、45日の期限が来たらディラーに返しに来ないとならないということだ

で このサベージは諦めた!


さて次は?

ネットで見つけたもう一つのものはすでに売れていた


万事窮す!


サベージを買っても持ち帰ることはできないし
同じぐらいのお金を使って、ハーレーをレンタルし、ルート66だけ堪能して良しとしよう





  


Posted by ごまもん at 04:55Comments(0)アメリカツーリング

2017年06月26日

Hi-Chicagoユースホステル







シカゴでの宿はHi-Chicagoユースホステル
古いが大きな建物だ

一部屋二段ベッドが4つ シャワー・トイレ・洗面所が部屋についている

清潔でスタッフもフレンドりーで 気持ちよく過ごしている

名物の高層ビル群のなかにあり、シカゴ美術館もすぐそこだ

便利なせいか 客も多い
若者からおばあさんの一人旅まで 色もいろいろな人たちがいる

そしてみんなフレンドりー 廊下ですれ違うとき ハーイ・モーニンと会釈する

一泊4・5千円ぐらいかな?
モーニングつきで 不満はWi-Fiが弱くて使えないことかな

今朝のモーニングの風景だよ

わたしの食事  トーストにチーズ二枚・バター・ビーンズペースト等を挟んだもの
ヨーグルト・オレンジジョース・オートミル



朝食の様子





窓から眺める古いビル






隣に座った可愛い女の子に英語がとても上手と 笑顔でほめられた

きょうは朝から気分がいい!





  


Posted by ごまもん at 22:32Comments(2)アメリカツーリング

2017年06月25日

サベージゲットか?



ショップのHPの写真です。




最後の写真です。




きょうも長い一日です。

サベージを買いに はるばるインディアナポリスまで行くから

きのうは怖い思いまでして 朝からgoogleの言うとおりに地下鉄でインディアナポリスへ向かったのに、乗り換えがわからずに・・・引き返しました。
ならばときょうはグレイハウンドで向かうことに・・・

5時起きで11時頃インディアナポリス到着

ここから奇跡のような話が・・・


きれいな青空が広がっているインディアナポリス

ステーションから出てみると 何気なく黄色いタクシーが停まっていた

わたしも何気なく近づき ここまでいくらで行けるか?と聞いてみた
地図でみみると歩いても行ける距離だからふっかけるかなと思って・・・

35ドルぐらいかな?でもメーターが決めるよ
と メーターを指差した

あれ!とかすかななにかが心をかすめた


大体同じ40ドル
車中では 私が日本人だと知って
娘の友だちが沖縄にいて 日本語も少ししゃべれるとの話から気持ちのいい雰囲気で過ごせた。

降りる時に少し多めにチップを渡し
住所が必要になったら貸してくれるかな?と尋ねると OK!と住所を書いて 電話したら迎えにくると言って帰って行った


フロアいっぱいに並んだきれいな大型バイクの隅に 少しみすぼらしくサベージは立っていた


スタッフはわたしの質問に
タイヤもバッテリーもOK! オイルも替えたばかりでエクサレント!
住所がない?  ノープロブレン!  と舞い上がった感じで言う


エンジン音を聴きたかったからかけてくれ  と言うと なかなかかけれない
近くのスタッフがチョークを引いてと教えている

わたしは気持ちよくうってもらえればいいので  ニコニコしてながめていた
オイルだけは早く替えてやろう!

エンジンの異音もそれなりで 話はトントンと進み、タイトル(登録証)もナンバープレートもすぐ準備でき 乗って帰れるとなった

クレジットカードを持っていき しばらくすると
外国のカードは信用できないからダメだとボスが言うと言いだした。すまなさそうに・・・

キャッシュならいいが きょうはサタデー 銀行は閉まっている  どうしよう?と話しているところに 不意に彼が顔を出した。
タクシーの彼だ

それからは彼が交渉役  わたしもある程度わかるので口を出そうとすると払いのけられる
わたしはニコニコしながら眺めている

キャッシュを取りに二人で近くのスーパーのATMへ 担当者にも聞くがこれもだめ
日本とはだいぶちがいます。

結局彼が強く交渉して 日・月曜はショップの定休日なのでキャッシュを持って行き、バイクを乗って帰る  それまで誰にも売らない
ということで決着した。

火曜日に彼とキャッシュを持って行く

サベージが手に入れそう

いい人に巡り会えたこと


彼と別れたあど 自分への褒美にスターバックスのカフェラテを頼んだ  それが最初の写真だ

長いものを 最後まで読んでくれてお疲れさま
ありがとう!



ランチはサブマリン


ローストビーフ・野菜たっぷりのバーガー


たまたま店にいた女性




これが彼 Mululeta


















  


Posted by ごまもん at 13:16Comments(3)アメリカツーリング

2017年06月22日

冒険へ出発!







きのうは大雨のなかを空港近くのホテルまでやってきて きょうは朝から空港です。



15:05に出発 韓国経由でシカゴ着がきょうの19:40
もちろん現地時間だけど もうけた気分です。

シカゴへ着いたらバイク探し
バイクを手に入れたら もうこっちのもの!
2ヶ月の冒険の旅をはじめます!

帰ってくるまでレザーはお休みです。











  


Posted by ごまもん at 13:29Comments(1)アメリカツーリング

2017年06月18日

ミラーレス一眼用アクセサリー








カメラ好きな娘さんへのプレゼントだとオーダーをいただきました。

オリンパス ミラーレス一眼 E-PM2のための三点セットです。

カメラケース







ハンドストラップ






ショルダーストラップ




ハンドストラップは女性用として作ったら、少し短かったようです。

アメリカツーリングから帰ってから 改善しましょう







  


Posted by ごまもん at 09:22Comments(2)カメラアクセサリー